向流伝熱式(熱風式)汚泥乾燥機 (RH)

用途: 排水処理汚泥;食品残渣;泥状廃棄物;都市可燃ゴミ
特長:1.天然ガス、液化ガス、燃油及び工場の焼却排気ガスを熱源として直接に排水汚泥に接触させ、水分を速く蒸発させ
         2.内蔵の破砕攪拌装置とドラム回転の複合効果によりスラッジの塊り防止できる
         3.高温の熱風を効率よく省エネの回転乾燥装置         4. 装置の最大処理量150t/d(@80% W.B.)

向流伝熱式(熱風式)汚泥乾燥機内部

乾燥シェルの破砕と高速回転の攪拌の複合効果により、スラッジがかたまらない

入口の熱風の温度が800℃位まで達し、出口の熱風の温度が約200℃で、600℃の温度差で全て水分の蒸発に使い、効率よく均一の乾燥が実現できた

汚泥乾燥+炭化装置

下水処理汚泥、処理規模60t/d(@80% W.B.)

伝導伝熱乾燥装置 (ITR)

用途:
排水処理汚泥;食品残渣;泥状廃棄物
特長
1.蒸気を熱源として利用し、ランニングコストが安い     2.乾燥品はリサイクルに適した粒状又は細粒状となります
3.排気ガス量が少なく熱損失が少なく省エネを実現しました   4.付帯装置が少なく設置スペースが小さい

伝導伝熱乾燥装置―加熱管束

捺染汚泥処理、処理規模50t/d @ 60% W.B.

伝導伝熱乾燥装置 (ITR)

熱風式乾燥機と違って、このタイプの装置の排気ガス量が少なく、実状に応じて排気ガス処理中の除臭装置の選択が広く、又は臭気が殆ど発生しない。除塵装置の処理規模は熱風式より大幅に減少しました

汚泥乾燥+焼却の組み合わせ装置(RH+ACE)

乾燥排気と焼却により熱交換を行います、加熱後の乾燥機の排気ガスを乾燥機熱源として再利用できます。残った排気ガスを焼却炉の燃焼室の頂部に導入され脱臭処理を行います。
汚泥の水分が低く、発熱量が高い環境で、この操作方法を採用すると更に省エネを実現しました。

授権書

上海通華と日本オーカワラとの記念写真

2015年11月7日に上海通華は日本株式会社大川原製作所と共に手を携えて蘇州で「青山緑水・未来通華」の新製品説明会を開催しまして、業務代理提携契約を結びました。

代理授権

上海通華総経理呉雁雲様が大川原製作所董事長大川原行雄様の手から代理授権書を受け取っています
11 条记录 1/2 页 下一页 12
製品・サービス
プロジェクト
021-68466881 
パネル材セット
 021-68463369